306wm Artist Blog

シネマのマンマ

Archive for 2012.02


ご説明。

普段あまり馴染みがない映画館で、ご来場された事のない方のために
この機会に、改めてご説明いたします。

まずは、チケットの購入です。
大きな映画館(シネコン)では、座席指定やインターネットのチケット予約ができますが、
当館は全席自由!(152席)で、インターネット予約はございません。
そしてチケットや整理券もございません。
当日、レジにて鑑賞料金をお支払いいただくだけでOKです。

次に、スクリーン数。
大きな映画館 (シネコン)では、10スクリーンなどありますが、当館は1スクリーン!
また、入場方法は1スクリーンで違う作品を何本が上映していますので、一作品ごとの定員入れ替え制になっています。
観たい作品の上映時間に余裕を持って(15分前くらい)にご来場下さればOKです。

ご来場された時、スクリーンで前の作品が上映中の場合もございます。
上映が終了する間、ロビーにお待ち頂く形になりますので、これからの気になる上映作品のチラシや
ポスターなど見てゆっくりとお過ごしください。

食べ物&飲み物について。
飲み物は場内に持ち込んでOKです。又、自動販売機はロビー内に設置されております。
食べ物はポップコーンはなく、甘くしっとりとした治一郎のバームクーヘンを売っています。
食べ物の持ち込みは、ご遠慮ください。

以上、注意事項などなどなどの説明でしたっ。

サスペンス映画って好きですか?

『ゴーストライター』:他人に成り代わって、文章や作品を代作する人。

元英国首相の自叙伝執筆を依頼された主人公、“ゴーストライター”役に
『トレインスポッティング』主演のユアン・マクレガー。
一つ一つの些細な疑問から、紐解かれていく謎と真相。
重厚な劇中音楽が物語を彩り、魅力的で緊張感あふれる映像と、
卓越した演出力&ブラックユーモアが混ざった真摯的なセリフ。
ベテラン俳優たちの見事な演技と脇を固める、名バイプレイヤー!

名匠ポランスキー監督(『戦場のピアニスト』)がサスペンスフルに描く、
現代最高峰のエンターテイメント!!
~2/24(金)まで。


これは、フィルムの上映で、予告が終るとスクリーン画面が
横に広がる、シネマスコープ(C.S)サイズです。
なので、後ろから数えて、数列目のほうが、画面全体は見やすいですね。
↑ここら辺の内容も、また詳しく書きます。

T0010312q[1]
(ちゃんとアップできたかな?)

トレインスポッティング!!!3/10(土)~3/16(金)一週間限定レイト!!!

ブログ
(ちゃんと、写真アップされてるかな?)

ついに、フライヤーが完成し、中身も充実。
さまざまな方にご協力いただき、誠に感謝です。
とくに、グラフィックを担当していただいたディスカバリーのShowくんには
お世話になり、楽しい苦労?を掛けてしまいました。(笑)
ありがとうございました。
これからフライヤー配りや、その他色々、まだまだ先はあります。
やれることは、すべてやっていきますので、皆さま、是非観に来て下さい。
よろしくお願いします!

※大幅にブログを放置してまして、スミマセン…。

———————————–
“夜の映画祭 オープニング・レイト『トレインスポッティング』”
受付-20:30 上映-21:00~22:35
一般¥1,300/大高学生、会員¥1,000
※当日チケット販売のみ



pagetop