306wm Artist Blog

DISCOVERY : WORK THIS WAY

Archive for 2012.11


パレスチナ

子供のような考えだが、
自然にできた私達が住んでいる土地は”誰か”が所有していて
買ったり、売ったりすることを不可思議に思ってしまう。
『みなのもんじゃい!』と。。。


lrg_10649962

イスラム教徒、キリスト教徒である住民が住むパレスチナに移住してきたユダヤ人。
今なお続く暴力の舞台。
ニュースや新聞で度々目や耳にするこの問題、
時間がある方は以下を観ることをおすすめする。

・シオニストのパレスチナ侵略と圧制 イスラエルの真実 #01
(全12動画110分程)

ハマスの武器はAK、ロケット弾、RPGなど中東での戦闘でよく見られる武器。

9c410b9e
ak-47_assault_rifle_soldiers_afghanistan_Afghan_army_001
rpg-7


それに対しイスラエル軍は最新鋭の武器がズラリと揃っている。

TAR_21_with_MARS_sight
IMI Tavor TAR-21

merkava4
merkava mk4

ah64-apache
AH-64

そして、11/14日の空爆開始以降、人口密集地域に飛来したロケット弾の
約9割近くを撃ち落としたとされる、対空防衛システム「アイアン・ドーム」

o0425028311156183310


ロシア、中国、イラン、アメリカ、、
これら両者の武器がそれぞれ何処の国から流れているかを知ると
勢力図がまたみえてくるのである。。。



logo
Never yield to the man!!!!!!
http://www.discovery-g.com

あとがき 夜の映画祭#02

image


第2回夜の映画祭『スワロウテイル』
楽しい1週間を過ごすことができました。
有り難うございました。
毎日、上映終了後に扉から出てくる方々の表情を楽しんでました。

さて、そもそも第2回の上映が決まったのは8月終わり頃だったかと思います。
その前に話はあったのですが、(ちょっと期間的にキツいなぁ。)という事で
頭の中はやらない方向でヘラヘラしていたのですが
どうやらスケジュールが組まれていると知ったのがその頃でした。

1回目でやらなかった事をしたく、
1ヶ月も無い期間でシステムから撮影やら宣伝
チケット、フライヤー、ポスターなどの制作やら協賛、チケット取扱店などなど
ギッチギチに詰め込んで相方の大石さんと
(二人だけでこのボリュームはキツいねぇ。。。)と嘆き
頭の中でトリさんやクマさんとたわむれる光景を浮かばせ
しばしば現実逃避におちいっていました。
そのせいか、逆に前回できた”想い”の部分など
宣伝物の内容やデザインが(う〜ん。。。)となってしまい、
まだまだ修行が足りんな。と思うところです。


『スワロウテイル』という作品はとてもファンが多い作品であり、
また、アンチ(岩井俊二嫌い?)も多い作品。
そのため、(ヘっ!)と思った方も少なくはないでしょう。
作品の選定は難しく、まだ回が浅く信頼を得てない『夜の映画祭』では
あまり知られていないような映画では興行的に難しい。
それにシネマイーラでは選ばないような作品をやらないと意味がない。
個人的には、1ヶ月の週に1回、
『フルハウス』を映画館で肩肘張らずに皆で観たかったり。。

120924051059-full-house-tanner-family-horizontal-gallery

まぁ、とにかく夜の映画祭の目的は
シネマイーラを遊びの選択肢に入れてもらうコトや
新しく同じような世代の企画者がでてくるコトだったりするワケで
第3回もゆっくり休んだ後にまたやりたいなぁといった感じです。

今回は協力金として協力者を募りました。

総合建築Lite様
DINING MOAZA様
ハーレーカスタムChan’sCraft様
bar mulba様
MATCHA MAGIC様
NATUTRAL RECORDS様
南十字星によろしくを企画する村井様

協力金は印刷代のみ差し引いて残りは別の企画のためストックします。
ありがとうございました。かなり助かりました。
チケットを取り扱ってくれた皆々様にも感謝します。

いつか、楽しすぎて観客全員がウンコ漏れちゃうようなことができるように、
頑張ります。





logo
Never yield to the man!!!!!!
http://www.discovery-g.com



pagetop