ここであげるまでもない曲かもしれませんが、ふとひさびさ聴いて、当時気づかなかった歌詞の響く部分が、31才の何気ない1日の心の支えになってくれたりします。